気まま猫のはなうた日記

わが家の猫たち、お星様になったミッシャ、そしてマロンとココ、たまにサビちゃんのこと、その他日々思うことなどを書いています。
MENU

悲しいお知らせ

8月25日の午後1時過ぎ、ミッシャは永眠しました。

今週も月曜までは普通にごはんを食べていたのですが
火曜には、食欲が落ちてきてあまり食べなくなりました。
朝、いつものように点滴に連れて行き、先生とも相談して
この日の点滴でも食べなくなったら、もう連れていくのは止めることに。

で、帰宅後はやはり食べられず。その日はトイレに行くのもフラフラし
やっと・・という感じで、トイレから出る力もなくなっていたので
様子を見て連れて行き、終わったら抱き上げて寝かせました。

翌水曜日、私が朝起きたら、立ち上がれなくなっていて
失禁してしまっていたので、さらに状況は悪くなっていることが分かりました。


もう食べる気力も水を飲む気力もなく、シリンジで水を少し口の中に入れてみましたが
飲み込むのも辛そうで。

そして25日木曜日、朝からさらに苦しそうにしていて、
激しく嘔吐した後、開口呼吸になってきたので、もう長くないと悟りました。

午後1時過ぎ、呼吸も浅くなり、見開いていた目を覗いたら
もう瞳孔が開いていて。。。。
そして少し痙攣した後、静かに息を引き取りました。
ずっと側にいて、声をかけたりしましたが、
私もとても苦しい気分でした。


こんなに急にいなくなるなんて、思ってもみなかったので
なんだかまだ呆然としています。


昨日は一日ミッシャと一緒に過ごし、今日、荼毘に付しましたが
亡骸がなくなった後の今の方が、悲しみが大きくなってきています。

振り返れば16年前の6月、まだ2ヶ月の仔猫のときに、うちの子になって以来
本当に長い時間、一緒に暮らしてきました。
もう私の一部のようになっていたミッシャ。
大きな喪失感に、どうしていいか分からない気持ちです。



闘病中のミッシャを応援してくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

ミッシャは最期までよく頑張ってくれました。
やっぱり私の大切な宝物です。
身体はなくなってしまっても、永遠に忘れることはありません。




ミッシャちゃん、ありがとう。ずっと大好きだよ。
mischa20110823.jpg







スポンサーサイト
Category :
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。